オーダースーツ作りを成功させるためのポイントをわかりやすく紹介します

このサイトではオーダースーツ作りを成功させるためのポイントを分かりやすく紹介しています。
体に合った1着を作り、愛用するためにも知っておきたいポイントです。
オーダーメイドのスーツの料金相場はどのくらいなのかも解説しています。
相場を知っておけば納得のスーツを作りやすくなるはずです。
また注文に応じて作るスーツ店は、何を重視して選ぶべきかも紹介しています。
数多くの店がある中から利用する店を決めるときにヒントになります。

オーダースーツ作りを成功させるためのポイントをわかりやすく紹介します

オーダースーツを作る際の成功ポイントを知りたい人は多いのはないでしょうか。
オーダースーツを作る場合、自分好みの店を選ぶことが成功ポイントの1つです。
また細かく話を聞いてくれるスタッフのいるお店を利用すると納得のスーツが出来る可能性が高いです。
それから仕上がりのイメージを考えて生地を良く選ぶことも、成功に繋がると考えられます。
生地は光の当たり具合によって印象が異なることもあるので、色々な見方をするのがおすすめです。

オーダースーツは体にフィットしたスーツが作れる

オーダースーツの最大の魅力として、自分の体形にフィットしたスーツが作れるという点です。
もちろん規制人にもサイズの種類はあるので着ることはできるのですが、日本人の一般的な体系から分類しているため細かな点では合わないことが多く特に足の長さなどは千差万別で切りそろえることが多いです。
ジャケットについても、お腹周りはフィットしている者の肩幅や腕の長さ・太さなどがあっていないということも少なくありません。
その点オーダースーツであれば自分の体に合わせて採寸するので、確実に自分に合ったものが作れます。
さらに腕時計を着用していればそれに合わせた長さにしてくれたり、見た目をどう見せたいかで選べるパターンも提案してくれのが魅力といえるでしょう。
このため注文の際にはテーラーに要望を伝えることが重要で、フォーマルにしたいか少し気崩したカジュアルにしたいのかでも雰囲気は変わります。
これらの要望も含めて作ってくれるのが、オーダースーツなのです。

オーダースーツは生地から自由に選ぶことができる

自分の体にしっかりフィットする仕上がりとなるオーダースーツは、既製品の安いスーツを購入するよりも長く良い状態で着用できるため、総合的なコストパフォーマンスは高いと注目されるようになっています。
オーダースーツを作るメリットはフィット感の良さだけではなく、生地やデザインをこだわることができるため自分にとって理想的な一着を作ることができることにあります。
では実際にオーダースーツの生地選びでどんなポイントに気をつければいいのかというと、着用する時期はいつかを想定して素材選びを行なうことです。
スーツ素材は産地によって特徴が異なり、春夏シーズンに向いているタイプから、冬に向いているタイプまで幅広いです。
一般的に毛織物産地として比較されることが多いのが、イタリアとイギリス、日本の3カ国であり、実際に店舗で素材を確認してみることで、着心地の良さなどを決めるようにしましょう。
春夏用の素材なら軽やかサマーウールが一般的で、理念やモヘアなども夏場でも快適に着用することができます。
ただしリネンはしわが付きやすく、カジュアル感が強いのでビジネスシーンには不向きです。
秋冬用ならウールが主流であり、厚手できめ細かく重厚感のあるものが冬場でも温かく快適に過ごせます。

オーダースーツの完成までにかかる時間

オーダースーツの完成までにかかる目安としては、最短でも数週間、長ければ数か月~1年くらい必要であるといった風にばらつきが大きいのが特徴です。
その理由として記事やボタンなどがすぐに取り寄せられたり縫製が機械化することで短縮することで数週間ですが、人の手で作るとなるとそれだけの期間がかかるということが背景になります。
また希少な生地や輸入品を利用すると、手に入るまでにそれなりに期間が発生するためさらに時間が必要としている背景です。
ほかにも海外で縫製する場合は、輸送に時間が発生することもあります。
王族が利用する式典用の衣類にまで至ると、記事の意図から作るという手のかかりようです。
もちろんオーダースーツはそのようなものではないものの究極を突き詰めると、そうなるということは覚えておくと良いでしょう。
すでに採寸が分かっていてインターネットで注文して機械で製造するということであれば、最短で作ることも可能なのです。

オーダースーツは丈夫で長持ちしやすい

オーダースーツを選ぶメリットとして自分の体のサイズにフィットしたスーツを仕立てることが出来る点や、細かなデザインやシルエットや生地選びまで自分好みのスーツを作ることが出来る点が挙げられます。
既製品のスーツとは違い自分のサイズを元にしてスーツづくりが一からスタートするので、動きやすいといったメリットもあります。
一から仕立てるオーダースーツは、既製品よりも丈夫で長持ちしやすいと言われています。
スーツの寿命は生地でもかなり差が出てくるもので、天然素材を使用しているスーツは長持ちしやすいです。
オーダーで一から仕立てることで安価な既製品のスーツよりも丈夫という点も、オーダースーツが多くの人達から選ばれる理由の1つとなっています。
体のサイズにフィットしたスーツを着ることで無駄なシワやヨレが発生しにくく、生地に余計な負担がかからない点もサイズの合っていない既製品のスーツよりもスーツ寿命を伸ばすことが出来ます。

著者:中根雅章

筆者プロフィール

京都府京都市生まれ。
オーダースーツの受注生産をしています。
オーダースーツに関するお役立ち情報を書いています。
オーダースーツを京都市で